カナダのバンクーバーに長期でホームステイした体験談

カナダのバンクーバーに長期でホームステイした体験談!

カナダのバンクーバーという都市に長期で語学勉強(ホームステイ)していた方から体験談をいただきました。カナダへの旅行や留学を検討している方は是非とも参考にしてみてくださいね。

 

 

カナダのバンクーバーにホームステイ

 

  1. なぜカナダを選んだのか
  2. ホームステイ先はとてもやさしい家族でした
  3. まとめ

 

 

カナダを選んだのか

 

カナダは世界的にも比較的治安がいい場所だと言われています。
中でも大都市にあたるバンクーバーは便利で安全だと評判だったので
バンクーバーを選びました。

 

 

私がホームステイした場所は
ダウンタウンからバスで30分ほど離れたところで
都会でもなく田舎でもない
ノースバンクーバーという静かな場所でした。

 

 

といっても
歩いてすぐのところにカフェやスーパー、
コンビになどもたくさんあったので不便ではありません。

 

 

もう1つの理由として、
カナダの英語は訛りがあまりないという利点があります。

 

 

オーストラリアやニュージーランドの英語は
どうしても訛りが強く
アメリカ英語を主に学校で学ぶ私たちには
ちょっと入っていきにくいイメージがありました。

 

 

実際カナダの英語は発音もはっきりしていて
目だったくせはないように思えました。

 

 

ちょっとしゃべるのが早いなと思ったことはありましたが、
それもいいリスニングの練習になったので結果よかったと思います。

 

 

 

ホームステイ先はとてもやさしい家族でした

 

ホームステイ先の人たちは
カナダに移住したフィリピン人の家庭でした。

 

 

みんな本当に親切丁寧で、
最初英語がわからない私でも
丁寧にいろんなことを教えてくれました。

 

 

ほとんど英会話ができない状態で
飛び込んだの毎日必死にみんなと
コミュニケーションをとるようにしました。

 

 

小さな子供もいて毎日一緒に遊んだりしてました。
子供の英語は比較的ゆっくりで
しかも簡単な単語を使ってくれるので
すごくいい勉強になりました。

 

 

一緒に遊んだ思い出も今でもはっきりと覚えております。
ただ食べ物に関しては
あまりおいしいものとは言えませんでした。

 

 

日本を離れて始めてわかったんですが、
日本のサービスや食文化は
世界的にもかなりクオリティの高いものだと思います。

 

 

家庭で普段食べているものでさえ
当たり前のように感じていましたが、
カナダの食文化は結構大雑把な気がしました。

 

 

日本は食事のバランスが比較的整っていて
健康にも気を使っている家庭が多いと思います。

 

 

私のステイ先はあまり食にこだわった感じがなかったので、
毎週水曜日の夜はハンバーガー、
木曜日はケンタッキーと、
健康にはよくない食生活を送っていました。

 

 

お腹をよく壊していた記憶があります。
この辺りは自分でも気をつけないといけない気がします。

 

 

最後のまとめ

 

カナダ留学にかぎらずどこの国いっても必ず
メリットデメリットはあると思います。

 

 

カナダの場合は、メリットに関して治安がいい、
英語の訛りがない、あとここでは記載しませんでしたが、
気候は日本と同じで四季があります。

 

 

冬はとても寒く雨の日がほとんどなので
過ごしにくいですが、夏は本当におすすめです。

 

 

そこまで気温も上がらカラっとしてて
本当に過ごしやすいです。
エアコンもほとんど使う必要がありません。

 

 

デメリットとしてはやはり食文化ですね。
まあ大事なことはメリットはいいものとして楽しんで
デメリットはいかにして自分で解決策を見つけて、
それも楽しむことが留学成功につながるのではないかなと思います。

 

 

カナダ留学の経験があったおかげで
私は今、日本で英会話スクールを運営しています。

 

 

留学で培った語学が活用でき、
さらには夢だった自分のスクールを持つことができたので
本当に今楽しいです。

 

 

今のままでは満足できない、
自分を変えたい、
英語をマスターしたいと思う方にぜひおすすめしたいです。

 

 

<オススメ記事>

 

Topへ⇒外人との出会いの場を無料でカンタンに作るのにオススメのサービス!